3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

佐賀県庁地下にファミマ自販機 店舗閉店時間帯をカバー、佐賀豪雨対応で認知向上

ファミリーマート商品を販売する自動販売機をPRする佐賀県庁店の武田店長

ファミリーマート商品を販売する自動販売機をPRする佐賀県庁店の武田店長

  •  
  •  

 佐賀県庁地下1階のコンビニ「ファミリーマート佐賀県庁店」横に現在、同店商品を取り扱う自動販売機が設置されている。

ファミリーマート佐賀県庁店

 同店は営業時間が7時~20時と限られているため、営業時間外に飲食購入したいというニーズに応えるため、同社がオフィス内の休憩室、食堂の一角、データセンターやコールセンターなどに設置を進めている自販機コンビニ「オートマチック・スーパー・デリス(ASD)」を昨年8月15日、同店隣の自販機コーナーに1台設置した。同様の自販機は九州地区に1月末現在で125カ所130台設置されているという。

[広告]

 佐賀営業所の奥田崚さんによると、設置当初は認知度も低く、スタッフのオペレーションなどいくつかの課題があったが、昨年8月に佐賀豪雨が起きた際、対応に当たった県庁職員や自衛隊隊員の残業が増えたことから、佐賀県からの依頼で自販機の品ぞろえをよりニーズの高いものにしたところ、認知向上にもつながったという。

 奥田さんは「店舗閉店時間帯に佐賀県庁で残業されている方をターゲットに、カップ麺・パンなど腹持ちしやすい商品をそろえており、週末を中心に売れている。今後もニーズに応えていきながら、多くの方に利用してもらいたい」と話す。

Stay at Home