3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

「モラージュ佐賀」にeスポーツ施設「eスタジアム」 若年層を意識、選手育成拠点に

「eスタジアム佐賀店」

「eスタジアム佐賀店」

  • 4

  •  

 eスポーツ施設「e studium(スタジアム)佐賀店」(佐賀市巨勢町牛島、TEL 0952-37-3019)が8月29日、ショッピングモール「モラージュ佐賀」南館2階にグランドオープンする。

「eスタジアム佐賀店」の体験会の様子

 ポップカルチャー専門誌「オタクマガジン」や「FUKUOKA OTAKU GUIDE BOOK」の発行、アイドルのマネジメントなどを手掛ける「エンターフォース」(福岡市中央区)が2019年、「eスポーツ事業」に進出。プロゲーミングチーム&プロダクション「ELEMENT.36 JAPAN」の運営とeスポーツ施設「eスタジアム」を福岡市内に開いた。佐賀店は2店舗目となる。取締役の内田竜二は「当社が取り組むポップカルチャー事業ではもともと佐賀とのつながりがあったことで、佐賀にeスポーツの拠点がなかったことから『モラージュ佐賀』の協力で新たな施設オープンにこぎ着けた」と話す。

[広告]

 同施設では、「PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)」や「フォートナイト」「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」などのオンラインゲームをプレーするためのハイスペックゲーミングPCと高速インターネット回線を用意。イベントなどを開催しやすいよう臨機応変にレイアウト変更にも対応する。22日から27日までのプレオープンで無料体験会を実施し、多くのeスポーツファンが訪れたという。

 内田さんは「これまで営業してきた福岡店は店内照明も暗めで、ヘビーユーザーの利用が多かったが、佐賀店は小中学生などの若年層を意識した店舗にしていきたいと店内も明るく仕上げた。eスポーツが国体の競技に採用されるなど、佐賀でもプレーヤーの育成が重要な取り組みになってくると思うが、若年層の保護者に安心感を持ってもらうなど理解をいただくことも大事にしていきたい。佐賀店を今後の当社のモデルとしていき、全国各地へeスポーツの拠点作りも目指していきたい」と話す。

 営業時間は10時~21時。入場料は1時間550円~。要会員登録。

Stay at Home