暮らす・働く

佐賀の高齢者複合施設「そいよかね水ヶ江」に温浴施設「あいらぶゆ」 地域の社交場へ

「ミズ」みずがいえ事務局の原田英人さん(右)と温浴施設「あいらぶゆ」スタッフ(左)

「ミズ」みずがいえ事務局の原田英人さん(右)と温浴施設「あいらぶゆ」スタッフ(左)

  • 5

  •  

 温浴施設「あいらぶゆ」(佐賀市水ヶ江1、TEL 0952-20-0183)が6月22日、高齢者複合施設「そいよかね水ヶ江(みずがえ)」1階にオープンした。

温浴施設「あいらぶゆ」浴室温浴施設「あいらぶゆ」浴室

 佐賀県内を中心に調剤薬局「溝上薬局」を展開する「ミズ」(水ヶ江1)が佐賀市民会館跡に開設した同施設内に、地域の健康や交流の場、裸の付き合いができる大人の社交場を作りたいと、同社の溝上泰弘会長が名付けた温浴施設を開設した。

[広告]

 当初、3月1日としていたオープンを新型コロナウイルス感染症の影響で延期。40度の温浴と38度の微温浴の2つの浴槽で、最大6人までに入場制限しサービスを提供し、サウナ室のオープンは見合わせた。グループ会社の「漢方みず堂」が監修し、「紅花」や「枇杷(びわ)葉」など、二十四節季に合わせた薬湯を2週間ごとに提供する予定だったが、当面の間見合わせる。

 同社みずがいえ事務局の原田英人さんは「プレオープンから多くの方に来てもらっている。シニアの方を中心に近くにお住まいの方の利用が多い。『そいよかね』1階で同じく当社が運営する『ローソン』で、風呂上がりのドリンクなどを買うこともできる。当施設は女性スタッフが対応するので安心して来てほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は13時~21時(20時30分受け付け終了)。利用料金は、大人=500円、シニア(65歳以上)と子ども(12歳まで)=300円。日曜定休。

佐賀経済新聞VOTE

新型コロナウイルス感染症の影響で2020年に中止となった佐賀県内イベントであなたが再開を楽しみにしているのは?