新型コロナ関連佐賀県、14日の新規陽性患者9人

暮らす・働く

FM佐賀が「ラジコ」配信開始 全国で聴取可能に、リスナーの要望にも応える

エフエム佐賀ラジオスタジオでの生放送の様子

エフエム佐賀ラジオスタジオでの生放送の様子

  • 50

  •  

 エフエム佐賀(佐賀市本庄町本庄)が4月15日、インターネットでラジオが聴ける「radiko(ラジコ)」での配信を始めた。

「radiko」でのエフエム佐賀の配信ページ

 1992(平成4)年4月1日に開局した同局は、全国38局から成る「ジャパンエフエムネットワーク(JFN)」にも加盟する。FMラジオ77.9メガヘルツに加え、有田中継局が79.9メガヘルツ、鳥栖中継局が79.7メガヘルツで放送。平日7時30分~10時に「Gat's Morning!(ガッツ・モーニング)」、平日16時~19時(木曜・金曜は15時~)に「CHANGE(チェンジ)」などの自社制作番組を放送している。

[広告]

 「ラジコ」は、受信環境に左右されるラジオ受信機以外の聴取環境を整えようと、ラジオ放送をインターネットで同時にサイマル配信するサービスとして2010(平成22)年に首都圏や関西圏でサービス開始、徐々に対象エリアを広げ、2012(平成24)年には「ラジオNIKKEI」と「放送大学」の放送エリアが全国に広がったことから佐賀県内でも利用することができるようになったが、これまでエフエム佐賀は配信参加を見送っていた。

 これまで同局のインターネットラジオ配信は、JFN加盟局が参加する「ドコデモFM」「WIZ RADIO(ウィズ・レディオ)」で展開。4月1日に「ラジコ」での配信を始めた「エフエム秋田」「エフエム山形」「エフエム山陰」「エフエム岡山」「エフエム宮崎」に続き、同局も4月15日に配信をスタートした。

 同サービスを通じて、佐賀県内では無料でエフエム佐賀の番組をほぼ同時に聴取できるほか、過去1週間の番組を聴くことができるタイムフリー機能、番組をLINE(ライン)、フェイスブック、ツイッターなどのSNSでシェアする機能がある。「ラジコプレミアム会員」(月額350円)になると、佐賀県外でも同局の放送を聴くことができる。

 同社制作スタッフの北村和博さんは「県外の方から『ラジコ』についての問い合わせがこれまで多かった。今度は、パソコンやスマートフォンでいつでもエフエム佐賀の番組を聴けるので、リスナーの方に浸透させていきたい」と話す。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース