食べる

佐賀駅南の中央通りに「手打ちそば そば勢」 タイから戻った店主が2年ぶりに開店

「手打ちそば そば勢」店主の長尾瑞穂さん

「手打ちそば そば勢」店主の長尾瑞穂さん

  •  

 「手打ちそば そば勢」(佐賀市唐人1、 TEL 0952-97-7677)が11月28日、佐賀駅南の中央通りにオープンした。

とり南蛮そば

 「佐賀玉屋」(佐賀市中の小路)で2016年10月まで、そば店「中の小路 そば勢」を経営していた長尾瑞穂さんが場所を変え改めてオープンした同店。長尾さんはタイ・バンコクのホテル「マリオット・マーキス・クイーンズ・パーク」にそば店「SOBA FACTORY(ソバ ファクトリー)」を出店するのに合わせ「中の小路 そば勢」を閉店し、2016年11月から今春までそば職人としてタイに渡っていた。家族を佐賀に残し、タイで日本のそば文化普及に努めていたが、家族の近くで仕事をするため佐賀に戻った。

[広告]

 席数はカウンター席11席。看板メニューの「とり南蛮」そば(735円)・うどん(681円)、「鴨南蛮」そば(843円)・うどん(789円)、「鴨汁せいろ」そば(843円)・うどん(789円)などを用意する。トッピングは「生卵」(87円)、「味玉子」(108円)、「温泉玉子」(130円)など。丼ものは「とり天丼」(594円)、「カツ丼」(702円)など。

 14時までのランチタイムに日替わり丼2種類から1種類を選びそばかうどんを選べるランチメニューも用意する。仕事帰りにビールや佐賀の地酒と一緒に「ちょい飲み」を楽しんでもらおうと小鉢(180円~380円)も用意する。

 長尾さんは「タイでは英語やタイ語を覚えながら、そばのマスターシェフを務めた。これから再び佐賀で、子どものころ経験したように自分の子どもたちにもできる範囲で店を手伝ってもらい、商売人としての感謝の気持ちを育てていきたい」と話す。

 営業時間は11時30分~23時30分。

佐賀経済新聞VOTE

【最終決選】幕末佐賀の偉人8人、あなたは誰を選ぶ?