食べる

佐賀駅近くに居酒屋「月の灯」 日替わりおばんざいと専門店が選ぶ日本酒提供

「月の灯」店主の平尾富美夫さん(右)とスタッフ

「月の灯」店主の平尾富美夫さん(右)とスタッフ

  •  

 居酒屋「月の灯(あかり)」(佐賀市神野東1、TEL 0952-41-4109)が9月25日、佐賀駅近くにオープンする。

カウンターに並ぶ日替わりおばんざい

 佐賀県庁近くでカフェ「stool coffee(スツール・コーヒー)」(城内1)を営む平尾富美夫さんが手掛ける2店舗目。カフェの常連客から佐賀駅西の小道沿いにあるこぢんまりした物件の紹介を受け、日本酒と日替わりのおばんざいを提供する居酒屋を開いた。「昔この物件を見ていつかここで店ができたらと思ったことがあり、縁を感じた」と平尾さん。

[広告]

 店名には、「一日の仕事を終えた夜、ふと空を見上げるとそこにある月明かりのように、いろいろな人の気持ちをオンからオフへと切り替える存在になれば」という思いを込めたという。

 席数は、1階にカウンター4席、テーブル12席、2階にテーブルの16席。「お客さん同士やスタッフとの距離が近いこの空間ならではのコミュニケーションが生まれれば」と平尾さん。

 料理は、「長年のキャリアを持つ主婦の料理スキルを生かしてもらいたい」と、カフェを営む中でつながった主婦ら4人に依頼し、「気負わない家庭料理」がテーマの日替わりおばんざい(1品=400円~)を提供する。ドリンクは、「山田酒店」(赤松町)がセレクトする全国各地の日本酒のほか、ビール、ワイン、焼酎などをそろえる。

 平尾さんは「カフェをコツコツと続けてきて出会った人たちのおかげでオープンできた。あるお客さんの言葉を借りると『雨が降っても月の灯はここにある』。心に雨が降る日も、人と話したりおいしいものを食べたり飲んだりして、一日の締めくくりを笑って過ごし明日への活力を養う場所になれば」と話す。

 営業時間は18時~23時。月曜・日曜・祝日定休。

佐賀経済新聞VOTE

【最終決選】幕末佐賀の偉人8人、あなたは誰を選ぶ?