新型コロナ関連佐賀市、25日の新規陽性者2人

食べる

佐賀の居酒屋「さがん大地」が1人前ちゃんこ鍋 店主実家の味引き継ぎテークアウトで

「さがん大地」店主の宮崎茂輝さん

「さがん大地」店主の宮崎茂輝さん

  • 9

  •  

 居酒屋「さがん大地」(佐賀市唐人1、TEL 0952-29-0142)が8月26日、1人前ちゃんこ鍋のテークアウト販売を始めた。

「さがん大地」の1人前ちゃんこ

 2018(平成30)年11月に開店した同店。のれんに掲げているロゴマークは、店舗にも家紋が欲しいと店主の宮崎茂輝さんが佐賀の有明海と田んぼを上から見た景色のイメージに大地の文字をデザインし、丸い家紋のようなマークを作ったという。店名は、「さがん(佐賀の)」「大地」の食材を使った居酒屋という意味と、宮崎さんの実家で開業前に働いていた「相撲茶屋大地」の「大地」から付けた。

[広告]

 宮崎さんは「新型コロナウイルス感染症の影響で多くの店がテークアウトを始めたが、当店にしかできないことはないかと1人前ちゃんこの販売を始めた。『1人暮らしでもちゃんこが食べたい』というお客さんの声も以前からあった。味は、相撲茶屋大地のちゃんこを引き継いだ」と話す。価格は1,250円(税別)。当日2時間前までの要予約。今後、カレー味やキムチ味など種類を増やしていく予定。

 宮崎さんは「もともとちゃんこ鍋は冬限定メニューだったが、今は夏でもちゃんこを食べることができる。まだまだ暑いが、これから涼しくなり、より多くの方にちゃんこ鍋を食べてほしい」と話す。

営業時間は、11時~14時(火曜~金曜)、18時~22時30分(ラストオーダー)。日曜定休。