3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

佐賀・八戸溝に野菜と串焼き店「なな彩」 旬の素材「ゆっくり楽しんで」と郊外出店

「新鮮野菜と串焼きのお店『なな彩』」オープン時に店舗前で挨拶する店主の山領一輝さん

「新鮮野菜と串焼きのお店『なな彩』」オープン時に店舗前で挨拶する店主の山領一輝さん

  • 5

  •  

 居酒屋「新鮮野菜と串焼きのお店『なな彩』」(佐賀市八戸溝3、TEL 0952-48-0451)がオープンして1カ月がたった。

「新鮮野菜と串焼きのお店『なな彩』」の「名物 なな彩盛り」

 店主の山領一輝さんは、18歳から飲食業界の複数の店舗を経験し、佐賀駅近くの居酒屋店長を経て独立した。当初、佐賀駅近くでの出店を検討したが、賃料など条件が合わなかったことから、回転率を意識せず、郊外でもゆっくりと滞在してもらい、地域住民に愛される店にしたいと同地への出店を決め、2月28日にオープンした。席数はカウンター6席、テーブル8席、小上がり席16席。

[広告]

 メニューは、季節や仕入れに応じたさまざまな野菜を特製チーズソースや自家製オニオンソース、完熟トマトソースで合わせた「名物 なな彩盛り」、創作サラダの「ふわふわ卵のシーザーサラダ」「豚しゃぶサラダ」(以上580円)。野菜巻きに「ネギ豚巻き」「トマト豚まき」「ウズラ豚まき」(以上150円)、「エノキ豚巻き」「シソ豚巻き」「レタス豚巻き」「アスパラ豚巻き」(以上160円)など。串焼きメニューなども用意する。

 山領さんは「中心街ではない地区への出店で周囲からはいろいろな意見が出たが、駐車場も確保出来て、近隣から年配の方にも来店してもらっている。旬の野菜をと農家の方と話をする中で知識も新たになっている。新鮮野菜というコンセプトは曲げずに、個人のお客さんと距離を近くしながら意見を聞いて、メニューをアレンジしていき、野菜を生かした料理を通じて、改めて魅力を伝えていきたい」と話す。

 営業時間は17時~23時(ラストオーダー)。

ピックアップ

Stay at Home