3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

佐賀駅南に居酒屋「酒肴吉井」 呉服元町から「客と近い距離で接客できる店を」と移転

居酒屋「酒肴吉井」のL字型カウンター席

居酒屋「酒肴吉井」のL字型カウンター席

  •  
  •  

 居酒屋「酒肴(しゅこう)吉井」(佐賀市駅南本町、TEL 0952-48-0380)が5月7日、佐賀銀行本店近くにオープンした。

居酒屋「酒肴吉井」外観と高さを少し低く仕上げた入り口

 長く飲食業界に携わり、昨年11月までの約3年、呉服元町で居酒屋「吉井商店」を経営していた店主の吉井侑祐(ゆうすけ)さんが、移転して開いた同店。吉井さんは「独立して初めて開いた移転前の店は居抜き入居だったので、いずれ自分が思っていた空間の店を、佐賀駅から近いところで開きたいと考えていた」と話す。

[広告]

 飲食店デザイナーの友人と話し合ってデザインした店内は「客と近い距離で接客したい」(吉井さん)と、L字型のカウンターで厨房(ちゅうぼう)を囲み、炭火の焼き台を用意した。席数はカウンター8席、個室4室16席。予算が限られる中でインパクトを与えられる外観にと入り口の高さを少し低く仕上げた。

 メニューは、炭火焼きの「魚もの」のエイヒレ炙(あぶ)り(600円)、イカの一夜干し(550円)や「肉もの」の有田焼の炭火焼き、七味焼き(以上700円)、金星豚ロース炭火焼き(850円)などを中心におつまみや一品料理も提供する。

 吉井さんは「新型コロナウイルス感染症の影響で移転前の店からの常連さんからは『雰囲気が良くなった』と好評で、新たに近所の方にも来てもらっている。これからもつながりを大事に佐賀の食材を使った料理を佐賀の日本酒で楽しんでもらいたい」と話す。

 営業時間は17時30分~23時30分(ラストオーダー)。日曜定休。

Stay at Home