新型コロナ関連佐賀市、4日の新規陽性患者0人

食べる

佐賀の生活情報誌「ぷらざ」がテークアウト情報サイト「モッテカ佐賀」 ウェブ注文決済も

「モッテカ佐賀」を担当する「ぷらざ」スタッフ

「モッテカ佐賀」を担当する「ぷらざ」スタッフ

  • 3

  •  

 佐賀市内で生活情報誌を発行する「ぷらざ」(佐賀市鍋島町森田、 TEL 0952-34-5151)が8月末、テークアウト情報サイト「モッテカ佐賀」を開設した。

テークアウト情報サイト「モッテカ佐賀」

 県内のグルメ情報や観光、美容・ヘアサロン、遊ぶスポットなどの情報を、1987(昭和62)年に創刊し30年以上の歴史がある情報誌「月刊ぷらざ」と、昨年1月にオープンしたポータルサイト「佐賀りあん」で発信している。

[広告]

 新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げなどに影響が出た店舗を支援しようと、当初、「佐賀りあん」のサイト内でテークアウト情報の発信をしてきたが、今回、店舗ごとの提供メニュー情報をより分かりやすくし、ウェブから注文ができるようにするなどし、新たなサイトを立ち上げた。オープン当初の店舗数は10店舗で、各店舗最大10のメニューを掲載できる。利用客はサイト上で注文を完了できる。

 「モッテカ佐賀」担当の宮地直子さんは「新型コロナの影響で、ネットを使って調べる機会が増え、これまでテークアウト対応していなかった店舗でも必要に迫られて始めたところもあり、当社でお役に立てることがあればと思い、引き続き佐賀市と周辺で掲載を希望するモニター店舗を募集している。今後、飲食店の商売のあり方が変化していく中で、テークアウト情報を気軽に調べられるようにし、生活に必要なサイトになればと思う」と話す。