食べる

佐賀中心街に地元食材を用いた居酒屋「やまなん」 海外での料理の勉強生かし開店

居酒屋「やまなん」店主の亀山義浩さん(左)とスタッフ

居酒屋「やまなん」店主の亀山義浩さん(左)とスタッフ

  •  
  •  

 佐賀の食材を用いた料理や地酒を提供する居酒屋「やまなん」(佐賀市呉服元町、TEL 0952-48-0076)が12月13日、佐賀中心街にオープンした。

居酒屋「やまなん」の「厚切り牛タン焼き」

 これまで同所で営業してきた居酒屋「吉井商店」の移転に伴い、前店主から声を掛けられた亀山義浩さんが店主として開いた。亀山さんは「かつての海外生活の中で料理の勉強と研究をしていくうちに、日本料理の魅力に気付いた。日本料理で人を喜ばせたい、やるならば自分の生まれ育った佐賀でやりたいと店を開いた」と笑顔を見せる。席数はカウンター3席、テーブル6卓22席、個室2室12席。

[広告]

 メニューは、厚切り牛タン焼き(1,200円)、あら炊き(900円)、有田鶏の唐揚げ(600円)など。亀山さんは「いずれのメニューも基本的に作り置きを行わず、お客さまの注文時にその場で作り振る舞う。食材は自ら直売所に足を運び、2~3時間かけて選定した佐賀の食材を用いている」と話す。

 営業時間は18時~24時。

SmartNews Awards 2019