食べる

佐賀大学南側にメロンパン専門店「Melon de melon」 佐賀初出店、イートインスペースも併設

「Melon de melon」外観

「Melon de melon」外観

  •  
  •  

 メロンパン専門店「Melon de melon(メロン・ドゥ・メロン) 佐賀南部バイパス店」(佐賀市本庄町本庄、 TEL 0952-37-1288)が9月27日、佐賀大学南側にオープンした。

「Melon de melon」に並ぶ商品

 「サンライズ」(東京都中央区)では2018(平成30)年秋からフランチャイズ方式で出店を広げており、現在東北から九州地方まで55店舗を構える。同社によると、世界各国の高級食材を使ったメロンパンを提供し、2時間待ちの行列ができたこともあるという。

[広告]

 佐賀県初出店となる同店は、「焼きたてを食べてもらいたい」とこれまでの店舗にはなかったイートインスペース(20席)を併設する。店主の坂口恭平さんは「パン屋を開きたいと考えていた時、東京・千駄木本の『Melon de melon』で食べたメロンパンに感動し、地元佐賀で広めたいと思った」と話す。

 メニューは、スイス産発酵バターと卵黄をたっぷり使ったパン生地に、カスタードクリームを練り込んだビスケット生地をのせた「リッチプレーンメロンパン」(200円)をはじめ、ベルギー産チョコを使った「リッチチョコメロンパン」(220円)、既存店舗で今年2月に期間限定販売し、好評だったことからレギュラー商品となった「クラウンメロンパン」(240円)、「クロワッサン」(190円)、「アップルパイ」(290円)、タピオカドリンクなど。

 営業時間は10時~20時。

  • はてなブックマークに追加