食べる

佐賀の菓子店がくず粉使ったアイスキャンデー すいか、パインなど6種類そろえる

「くずバー」をPRする「シェ・ヤマモト」スタッフ

「くずバー」をPRする「シェ・ヤマモト」スタッフ

  •  
  •  

 「シェ・ヤマモト」(佐賀市川副町南里、TEL 0952-45-8070)が現在、くず粉を使ったアイスキャンデー「くずバー」を販売している。

「シェ・ヤマモト」のくずバー

 オーナーパティシエの山本揚一郎さんが、贈答用での購入が多いという同店で手軽に買ってもらえる夏向きの商品を作ろうと、和菓子でも使われるくず粉に果汁を加え、「ケーキ屋らしいアイスにしたい」とフルーツのカットを合わせたアイスキャンデーを開発した。「基本はアイスだけど、くず粉のもちもち感とのバランスには気を使い、ジューシーの感覚の中にシャリシャリ感を楽しめるようにした」と山本さん。味は、いちご、すいか、パイン、みかん、ラムネと白桃の6種類。

[広告]

 山本さんは「販売始めた頃は、試食を出しながら反応を見ていたが、食感の良さに多くの方に買ってもらった。くず粉のもちもち感から、一般的なアイスとは違い溶けにくく食べやすいと好評で、お中元用にとまとめ買いしてくださった方もいた。見た目にもこだわったので、アイスを手に写真を撮って楽しんでほしい」と話す。

 価格は各240円(白桃のみ260円)。同店店舗で販売するほか、地方発送にも対応する。

  • はてなブックマークに追加

佐賀経済新聞VOTE

「ゾンビランドサガ」のアイドルグループ「フランシュシュ」の7人、あなたは誰を選ぶ?