食べる

佐賀・竹下製菓「ミルクック」に「あまおう苺」 発売40年、カップタイプ第2弾

「あまおう苺ミルクック(カップ)」をPRする竹下製菓商品開発室の吉田満梨さん

「あまおう苺ミルクック(カップ)」をPRする竹下製菓商品開発室の吉田満梨さん

  •  

 竹下製菓(小城市小城町池の上)が9月17日、新商品「あまおう苺(いちご)ミルクック(カップ)」の販売を始めた。

「あまおう苺ミルクック」をスプーンですくったところ

 今年40周年を迎えたアイスクリーム「ミルクック」は、「ブラックモンブラン」と並ぶ同社の看板商品で、長らく九州を中心に発売されてきたことから「九州のソウルアイス」と呼ばれることも多い。一昨年から「ミルクック フレッシュヨーグルト」「大人のミルクック クレームブリュレ味」「大人のミルクック 八女抹茶」とバリエーションを増やしている。ミルクセーキをアイスにしているため溶けやすいことから、「ゆっくり楽しんでもらいたい」と今年3月にはスプーンで食べる「カップ」タイプを発売した。

[広告]

 「あまおう苺ミルクック」はカップタイプの第2弾。福岡県産あまおうを苺氷にし、ミルクセーキアイスと合わせたもの。商品開発室長の梶原隆徳さんは「あまおうを定番の『ミルクック』と同じ容量を入れると売価が高くなってしまうため、手に取ってもらいやすいサイズと価格のバランス調整が難しかった。イチゴの風味とミルクセーキとの味を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 価格は130円(税別)。全国のスーパー、コンビニで順次販売する。

佐賀経済新聞VOTE

【最終決選】幕末佐賀の偉人8人、あなたは誰を選ぶ?