食べる

佐賀・村岡屋がアイス新商品 「さが錦」バウムクーヘンと自家製あんこを合わせる

村岡屋アイス

村岡屋アイス

  •  
  •  

 菓子店「村岡屋」(佐賀市鍋島町森田)が4月27日、「村岡屋アイス」の販売を始めた。

「村岡屋アイス」の材料に使った自家製あんこ、ミルン牧場の搾りたてミルクアイス、「さが錦」のバウムクーヘン

 営業部の山口祐司さんによると、贈答品や土産品として購入されることが多い同社のラインアップを生かし、普段の生活の場面でも楽しんでもらえる商品を作りたいと、昨年11月に発売した「さが錦ロール」に続く第2弾商品。アイス商品は初めて販売する。ミルン牧場(鍋島町蛎久)に開発と製造を依頼し、看板商品の「さが錦」のバウムクーヘンに、創業以来90年間作り続けている自家製あんこを使ったアイスと、ミルン牧場の搾りたてミルクアイスの3層に仕上げた。

[広告]

 山口さんは「地元企業と組みたいと、ソフトクリームの評判が良いミルン牧場と協力し、約1年かけて、アイスと『さが錦』のバウムクーヘンの3層のバランスの調整に苦労しながら開発した。第1弾の『さが錦ロール』が県外からの問い合わせもあり反応が良かったことから、第2弾商品としての後押しにもなった。当社らしい新たなアイスをぜひ気軽に手にしてほしい」と呼び掛ける。

 価格は280円。「村岡屋」の佐賀駅店、佐賀玉屋店を除く佐賀県内の19店で販売する。

  • はてなブックマークに追加