食べる

佐賀の酒かす使ったバターサンドが販売2万個 佐賀酒スイーツ、酒好きが親しむ

(左から)「大吟醸バターサンド 東一」を手にするシェ・ヤマモトの山本揚一郎さん、竹下商店の三木雄太さん

(左から)「大吟醸バターサンド 東一」を手にするシェ・ヤマモトの山本揚一郎さん、竹下商店の三木雄太さん

  •  
  •  

 「シェ・ヤマモト」(佐賀市川副町南里)が、「竹下商店」(犬井道)と共同制作した「大吟醸バターサンド 東一」が発売以来、2万個を突破した。

2015年5月発売以来2万個を突破した「大吟醸バターサンド 東一」

 酒かすを使ったかす漬けなどを作り、自らを「珍味屋」と呼ぶ「竹下商店」の三木雄太さん。「多くの人にかす漬けのおいしさを知ってもらいたい」と、同じ町内で1992年から洋菓子店を営む「シェ・ヤマモト」のオーナーパティシエ、山本揚一郎さんに「酒かすを使ったスイーツを一緒に作りたい」と約2年前に声を掛けた。

[広告]

 酒かすに合う材料探しの中でクリームチーズの硬さが近く混ざりやすいと考えた山本さんは、第1弾として酒かすとクリームチーズをブレンドしたレアチーズケーキを製造。五町田酒造(嬉野市五町田)の大吟醸酒「東一」の風味がよく残る酒かすを使ったことで甘みとほんのりとした酒の香りが出て、子どもだけでなく、お酒好きの「締めのスイーツ」として好評を得た。続いて、日持ちの良いスイーツを作り「もっと多くの人に届けたい」と、第2弾としてバターサンドの開発を決めた。

 酒かすとクリーム、レーズンの割合調整、クッキーの焼き方などの研究と試作を2人で重ね、2015年5月にテスト販売を始めた。「東一」のラベルデザインを生かしたパッケージに佐賀の酒ファンの反応も良く、全国紙にも取り上げられたことで順調に販売数を伸ばした。

 山本さんは「五町田酒造の瀬頭一平社長にも食べてもらい、最高の評価を頂いた。酒造の酒蔵開きでもバターサンドを販売し、『東一』ファンからも好評だった」と話し、三木さんは「これからも山本さんと『酒蔵スイーツ作り』に取り組み続けたい。酒かすを使った新たな生菓子を開発し、酒蔵開きで披露し、佐賀酒イベントに花を添えたい」と意欲を見せる。

 価格は8個入り1,500円。「シェ・ヤマモト」店舗、「竹下商店」ホームページで販売する。

  • はてなブックマークに追加

佐賀経済新聞VOTE

「ゾンビランドサガ」のアイドルグループ「フランシュシュ」の7人、あなたは誰を選ぶ?