食べる 暮らす・働く

佐賀の和風カフェ「あやとり」が移転 江戸期の旅館建物内に

「和カフェ あやとり」と店主の西村竜元(たつもと)さん

「和カフェ あやとり」と店主の西村竜元(たつもと)さん

  •  

 佐賀市松原神社近くに「和カフェ あやとり」(佐賀市松原3 、TEL0952-65-9686)がオープンして2カ月がたった。

移転後の新メニュー「ほろよいセット」

 昨年秋まで佐賀大学近くのかやぶき屋根の古民家でカフェ「あやとり」として営業していた同店。江戸時代末期に創業した旧旅館で、今も町屋の建物が守られる「松川屋」の一角に昨年12月1日、移転オープンした。

[広告]

 同店では移転に伴い、店名に「和カフェ」を冠し、メニューをリニューアルした。営業時間はディナータイムを加え大幅に延長する。また、授乳やおむつ交換スペースの設置、子どもと取り分けられるよう工夫された食事など、子ども連れ客向けのサービスは移転前と同様に行う。

 11時30分~14時30分のランチタイムと18時~20時30分のディナータイムに提供する「あやとりセット」(1,500円)は、ハンバーグやシシリアンライス、チキン南蛮、カレーなど6種から1品を選び、小鉢やミニケーキの盛り合わせと飲み物が付く。そのほか、小鉢4品に生ビールまたはハイボールが付く「ほろよいセット」(1,300円)、料理数品と手作りのミニデザート5種類をコースにした「夜の女子会プラン」(3,000円)などを用意する。

 スタッフの藤原綾さんは「移転前は座敷の席が中心で子連れのお母さんたちの利用が多かった。現在の店舗はより広く、座敷のほか掘りごたつやテーブル席もそろえている。幅広い世代の方に来てほしい」と話す。

 店主の西村竜元(たつもと)さんは「ランチやカフェの利用が多く、夜は比較的すいている。夕食やお酒も楽しめるお店だと周知し、夜のメニューも充実していきたい」と意気込む。

 「松川屋」オーナーの西村雄一郎さんは「この場所に子育て世代の女性たちが多く集まるようになり、周辺の雰囲気も明るさが増してとてもうれしく思っている。これから街角のサロンとして交流の拠点になれば」と期待を寄せる。

 営業時間は11時30分~23時。月曜定休。

佐賀経済新聞VOTE

「佐賀のご当地キャラ(ゆるキャラ)」あなたは誰を選ぶ?