プレスリリース

令和元年佐賀豪雨災害から3か月 在福12新聞社が紙面で佐賀を一斉応援

リリース発行企業:佐賀県

情報提供:

2019年8月27日(火曜日)から降り続いた雨は、九州北部を中心に記録的な大雨となり、翌28日未明から朝方にかけて佐賀県は猛烈な雨に襲われ、土砂災害や河川の氾濫、冠水などの甚大な被害がもたらされました。そこで、災害発生から3か月を迎える2019年11月27日(水曜日)に、在福新聞社12社が共同して取り組む特別紙面企画「佐賀応援キャンペーン」が実施されました。県では、この機会に、県への観光促進、県産品の消費拡大につなげるため、JR博多駅前で佐賀県知事・山口祥義(やまぐちよしのり)が特別紙面を配布しました。



「佐賀応援キャンペーン」特設サイト:https://saga-ohen.jp




博多駅前で特別紙面を配布する佐賀県知事・山口祥義


■前代未聞、在福の12新聞社が共同で特別紙面を320万部に一斉掲載


当日配布された特別紙面


本キャンペーンは「令和元年佐賀豪雨災害」からの復興を目指し、一歩を踏み出す佐賀県を応援するために福岡に本拠地を置く12の新聞社が企画、災害発生から3か月目にあたる2019年11月27日(水曜日)に特別紙面が320万部に一斉掲載されました。

今回の紙面では、「佐賀に出かけてもらう!」「佐賀に来て食べてもらう!」「県産品を買ってもらう!」をテーマにし、一人でも多くの方が楽しめるものとなっています。

同日には新聞読者だけではなく、もっと多くの方々に知っていただくべく、佐賀県知事・山口祥義も自ら街頭に立ち、佐賀県観光PRキャラクターの壺侍と一緒に特別紙面を配布しました。

なお、本キャンペーンでは読者プレゼントも用意しており、特設サイトでも応募することができます。

【企画した在福12新聞社:朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社、日本経済新聞社、産経新聞社、西日本新聞社、糸島新聞社、日刊スポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、九州スポーツ、西日本スポーツ】


■佐賀県知事・山口祥義コメント

一夜にして様変わりした光景に、肩を落とす人たち。その思いを受け止めながら佐賀の元気を取り戻したいという一心で、この3か月、奔走してきました。

また頑張ろう - みんながそう思えたのは、我がことのように駆けつけてくださった方々、「遊びに行くよ。」「やめたらいかん。」と、言葉をかけてくださった方々がいたからにほかなりません。

九州・山口の皆さまの温かなお気持ちは、いつも私たちの心の支えでした。

今、私たちは感謝を込めて、おもてなしをしたいのです。佐賀には多くの魅力があることを、こうした機会だからこそ、知っていただきたいのです。

錦織りなす紅葉、心まで温まる温泉、日本酒を愉しむ季節を迎えました。佐賀の本物を味わい、和み、楽しんでください。そして、佐賀の元気を感じてください。佐賀さいこう!

  • はてなブックマークに追加