3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

佐賀・県庁通り商店街に雑貨店「ある晴れた日に」 ワークショップ定期開催も

(左から)「ある晴れた日に」店主の髙尾由美子さん、スタッフの河原由紀子さん

(左から)「ある晴れた日に」店主の髙尾由美子さん、スタッフの河原由紀子さん

  •  
  •  

 「くらしの教室と服飾雑貨のおみせ ある晴れた日に」(佐賀市松原1、TEL 0952-60-2628)が2月16日、県庁通り商店街にオープンした。

「くらしの教室と服飾雑貨のおみせ ある晴れた日に」店内

 佐賀市内で2012(平成24)年から、オリジナル帆布バッグブランド「CUBIE(キュビィ)」を運営している店主の髙尾由美子さんが、ワークショップと物販を合わせた店を新たにオープンした。

[広告]

 髙尾さんは「小さな頃からファッションが好きで、スタイリスト業の経験を生かしたトータルスタイルの提案と、日々のくらしを楽しむお店を作りたいと以前から思っていた。いろんなご縁がつながり今回オープンすることができた」と話す。

 「CUBIE」のバッグ、ガラスや「鍋島緞通」の技法を使ったアクセサリー、靴、洋服などを用意するほか、金継ぎ、こぎん刺しなどの講師を招き、「くらしを楽しむ」をテーマとしたワークショップを開くほか、店主の髙尾さんが骨格スタイル分析を取り入れた着こなしを提案するファッションコンサルティングサービス「el(エル)」を新たに始めた。雑誌の切り抜きを使ったコラージュ作りを通して自分の好みを知るグループワークショップも月1回開催予定する。「毎月いろいろな人が訪れてくれて楽しいワークショップを開催していきたい」と髙尾さん。

 スタッフの河原由紀子さんは「私たち二人ともおしゃべり好きなので、時間の隙間を埋めにでもふらっと来てほしい」と話す。

 髙尾さんは「商品は今後増やしていく予定。来るたびにいろいろな楽しみを見つけてもらえる店にしたい。いい気持ちになる物に出合って、自分の人生につながるきっかけを見つけてもらえたら」とも。

 営業時間は11時~18時。月曜・祝日定休。

Stay at Home