食べる

佐賀中心街に地元銘菓をコーヒー・嬉野茶と楽しめるカフェ オリジナル商品「とろーりようかん」も

「TSUITACHI COFFEE & TEA」店主の船津脩平さん(右)と店長の小宮由佳理さん(左)

「TSUITACHI COFFEE & TEA」店主の船津脩平さん(右)と店長の小宮由佳理さん(左)

  •  
  •  

 「TSUITACHI COFFEE & TEA(ツイタチ・コーヒー・アンド・ティー)」(佐賀市唐人2、 TEL 070-4111-7328)が佐賀市中央通り沿いにオープンして1カ月がたった。

「今月のTSUITACHIクラッカー」(250円)と「ナイトロコーヒー」(500円)

 市中央通り沿いで女性専用ジム「RELI.STYLE(リリ・スタイル)」とカフェ「木と本」を経営する船津脩平(しゅうへい)さんが店主を務める同店。古民家を改装した少人数制パーソナルジム「ROUTii BASE(ルーティー・ベイス)」と同時に、コーヒー・嬉野茶・佐賀銘菓を楽しめる店を開いた。店名は「新月」を指す江戸時代の言葉という「朔日(ついたち)」から名付けた。船津さんは「佐賀銘菓は味も歴史も誇れるものなのにキラキラしていない。その姿が光の当たらない状態の新月のように見えた。佐賀銘菓に新しい要素を加えて光を当てるカフェを作りたいと思った」と話す。

[広告]

 席数は、カウンター4席、テーブル6席。「橘屋八頭司羊羹本舗」の家系という店長の小宮由佳理さんが2カ月かけて試作し完成させたオリジナル商品「とろーりようかん」(750円)を使った「今月のTSUITACHIクラッカー」(250円)、「とろーりようかんバニラアイス」(350円)のスイーツを提供する。このほか、「ナイトロコーヒー」(500円)という窒素ガスを加えてクリーミーな泡を楽しめるコーヒーや有機栽培の茶葉を使った「嬉野お煎茶」、「嬉野ほうじ茶」(以上400円)、佐賀銘菓「逸口香(いっこっこう)」(90円)や「丸ボーロ」(120円)も用意する(以上税別)。

 小宮さんは「とろーりようかんはこれまでのようかんとは違う砂糖を使い、火加減を変えたことで蜂蜜のような新しいようかんができた。ヨーグルトやトーストにかけてもおいしいのでいろんな食べ方を試してほしい」と話す。

 営業時間は13時~18時。水曜・木曜定休。

  • はてなブックマークに追加