学ぶ・知る

佐賀のNPOが佐賀豪雨災害チャリティー講演会 応援メッセージ届ける

「テラ・カフェ in 佐賀 特別編」をPRする島彰宏さん

「テラ・カフェ in 佐賀 特別編」をPRする島彰宏さん

  •  
  •  

 海外での各種支援活動や国内での平和教育促進に取り組む認定NPO法人「テラ・ルネッサンス」佐賀事務所(佐賀市呉服元町2)による九州北部豪雨災害チャリティー講演会「テラ・カフェ in 佐賀 特別編」が10月26日、メートプラザ佐賀(佐賀市兵庫北3)で開かれる。

小川真吾さんとトシャ・マギーさん

 昨年3月から毎月開催している同イベントでは、佐賀事務所スタッフの島彰宏さんが自身や同法人メンバーらの活動を報告するほか、ゲストスピーカーを招いての講演も行っている。今回は同法人理事長の小川真吾さんとアフリカ事業コーディネーターのトシャ・マギーさんが「アフリカの今と、困難の中で見つかる希望」と題し講演する。

[広告]

 2005年にアフリカに渡り、ウガン、ブルンジ、コンゴなどで元子ども兵の社会復帰を支援するプロジェクトを展開している小川さんがこれまでの活動について語るほか、ブルンジ内戦により難民となった経験を持つトシャさんが、紛争被害者が自立をしていくプロセスから学んだ「Life is beautiful(ライフ・イズ・ビューティフル)」のメッセージを伝える。

 島さんによると、昨年6月の活動報告イベント「テラ・ルネッサンス世界会議2018 佐賀会場」で佐賀を訪れたことがある2人は、8月の佐賀豪雨で大きな被害に見舞われた人々を気に掛けているという。今年9月に佐賀県武雄市の被災地を災害ボランティアとして訪問した島さんが「自分たちだからこそできることをやりたい」と小川さんにチャリティー講演会を提案した。講演会参加費はコミュニティー財団「佐賀未来創造基金」(唐人2)を通し、県内の災害支援に取り組む「佐賀県災害支援プラットフォーム」(水ヶ江3)への支援金として寄付される。

 島さんは「国際協力団体として私たちがしてきた経験が、被災した佐賀への応援になればと企画した。アフリカの地で困難を乗り越え力強く生きてきた人々の思いを、今こそ佐賀の人たちに届けたい。支援の原点である『災害を忘れずに思い続ける』機会にしてもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は13時~15時(12時30分開場)。参加費は1,000円。定員60人。問い合わせは同事務所(TEL 090-9615-7586)まで。

  • はてなブックマークに追加