見る・遊ぶ

佐賀・小城で主婦が企画する異業種交流会 子育て中の母親も参加、語らいの場に

異業種交流会「Bar真理子」をPRする圓城寺真理子さん

異業種交流会「Bar真理子」をPRする圓城寺真理子さん

  •  
  •  

 市民の出会いの場とまちの活性化を目指す異業種交流会「Bar真理子第11話~ピアノの駅小城駅 ちょこっとよりみちバナシ~」が3月27日、JR小城駅(小城市三日月町久米)で開かれる。

「小城鍋島家Ten」で開催した「Bar真理子」プレイベントの様子

 子育て支援や地域貢献活動等を行う団体「ま・まんでぃ」(三日月町久米)の代表で市内在住の主婦・圓城寺(えんじょうじ)真理子さんが企画、2018年5月にスタートし毎月1回開催してきたイベント。

[広告]

 香蘭女子短期大学准教授の中村洋子さんが2018年2月に小城市で「地域で子育て」をテーマにした講座を行った際、福岡県宗像市で交流会「Bar洋子」を開いている中村さんに、圓城寺さんが同じような交流会を小城でもやりたいと「のれん分け」を申し出て、趣旨、内容をそのまま踏襲し立ち上げた。

 会場を固定せず、「小城鍋島家Ten」(小城市小城町)や「牛津赤れんが館」(小城市牛津町牛津)など市内各地で開催したことで、都度新たな参加があり、交流の輪が広がってきた。「バーのママ役」として参加者に合いそうな人を紹介しているという圓城寺さんは「普段の生活ではつながらない人と出会える機会になり、子育て中のお母さんたちが悩みを打ち明け情報共有したり、子ども同士が仲良くなったりしている。ほかにも、参加者同士が新たなイベントを企画したり、仕事をしたりするなど、交流が活発になってきた」と手応えを見せる。

 参加者に「飲食物1人1品持ち寄り」を推奨する圓城寺さんは「何が喜ばれるかと考えることは、相手に寄り添うことにつながる。みんなでコミュニティーをつくろうと意識も高まり、『自分にできること』に気付いてもらうことにもなる」と話す。

 通常は毎月第2水曜開催だが、桜の開花時期に合わせて今回は第4水曜に変更した。「小城駅前のしだれ桜も見頃なので、近隣の小城公園の花見帰りにふらり立ち寄ってほしい」と圓城寺さん。駅構内に常設しているピアノのミニコンサートも行う予定。

 圓城寺さんは「イベント開催で出会いと交流の場を求めている人がたくさんいることが分かった。誰でも楽しんでもらえるよう安全で和気あいあいとした雰囲気づくりをしているので、何かのきっかけの一歩として、参加してもらえれば」と話す。

 開催時間は18時30分~21時。参加費は200円。

  • はてなブックマークに追加

佐賀経済新聞VOTE

佐賀県でおすすめしたい温泉は?