暮らす・働く 学ぶ・知る

佐経vote「佐賀の偉人」投票で江藤新平が1位に 八賢人おもてなし隊がSNSでPRも

1位になった江藤新平を演じる『幕末・維新佐賀の八賢人おもてなし隊』の石井晃一さん

1位になった江藤新平を演じる『幕末・維新佐賀の八賢人おもてなし隊』の石井晃一さん

  •  

 佐賀経済新聞が4月1日~5月31日に実施した「佐経vote 『佐賀の偉人25人 あなたは誰を選ぶ?』」で、江藤新平が25人中1位の161票を獲得した。

投票の最終結果の一部。最終日まで何が起こるか分からなかった

 佐賀をテーマにさまざまなジャンルの投票を設定してきた「佐経vote」。毎回の投票はいつもひっそりと始まりひっそりと終わり、今回の投票も開始から5月下旬までの投票数は100票ほどだった。

[広告]

 投票が大きく動いたのは5月26日。幕末から明治にかけて佐賀で活躍した偉人にふんし、歴史寸劇を演じる役者ユニット「幕末・維新佐賀の八賢人おもてなし隊」で鍋島直正を演じる後藤峰彦さんがツイッターで、同投票で当時1位だった大隈重信について「大隈つよいな」と投稿した。これを皮切りに「皆さん、島義勇に清き1票を!」(同ユニット島義勇役の谷口文章さん)、「清くなくてもかまいません。大木喬任にあなたの1票を!」(大木喬任役の嵯峨賢成さん)と、ツイッターでの「選挙活動」に火が付いた。流れに乗じ大ファンである偉人への投票を呼び掛けるユーザーのほか、「選挙速報」と称して票数の推移を実況するユーザーも現れた。

 「八賢人おもてなし隊」のメンバーによるPRもあり、投票は1日約100票ずつのペースで伸びた。順位の変動も激しく、同ユニットで佐野常民役を演じる鷹巣将弥さんの投稿で佐野常民の順位が6位から2位に「ごぼう抜き」したことも。最後は江藤新平を演じる石井晃一さんのツイッターのPRで、江藤新平が最終投票690票のうち161票を獲得して1位で幕を下ろした。

 投票終了後、石井さんはツイッターで「皆様のご協力のおかげで江藤新平無事に一位になりました!投票していただいた方ありがとうございました!我々の目的は佐賀自体が脚光をあびること、そして賢人の業績や佐賀の歴史を皆さまに知ってもらうことです。我々おもてなし隊は佐賀を盛りあげます!」(以上、原文ママ)とつぶやいた。

 鷹巣さんは「最初の頃10票ほどだったのが最終日までに130票近く獲得して、結果ごぼう抜きを果たせたのは、皆さんの愛があったから。今回の投票をきっかけに、『投票に出ていたこの人ってどんな人だろう?』と、佐賀の偉人たちに興味をもってもらえればうれしい。もし次回があれば、その時は1位を目指したい」と笑顔を見せる。

 嵯峨さんは「投票を通じて思ったのは、佐賀の偉人の中でも鍋島直正はすごかったこと。人物そのものの功績ももちろん、何もPRしていない時期から票数を獲得していた点からも力を感じた」と話す。「今回投票が盛り上がったのは、八賢人おもてなし隊メンバーがツイッターで自分が演じている人物を応援し呼び掛けたからではと思う。もし今後八賢人だけに絞って投票があるとしたら、その時は純粋にその人物の功績や人物そのものを見た投票ができるともっと面白くなるのでは」とも。

 「佐経vote」では現在、「『佐賀の酒』 あなたはどの銘柄を選ぶ?」の投票を受け付けている。7月31日まで。

佐賀経済新聞VOTE

「佐賀で活動する(ローカル)タレント」あなたは誰を選ぶ?