新型コロナ関連佐賀市、25日の新規陽性者2人

暮らす・働く

グーグル検索・佐賀1位は「台風10号」 巣ごもりで「佐賀弁ラジオ体操」ランクイン

グーグル検索ランキング・佐賀県1位の「台風10号」の影響で終日運休となった9月7日のJR佐賀駅

グーグル検索ランキング・佐賀県1位の「台風10号」の影響で終日運休となった9月7日のJR佐賀駅

  • 15

  •  

 グーグルが12月9日に発表した「2020年Google検索ランキング」の都道府県別ランキングで、佐賀の検索数1位は「台風10号」だった。

グーグル検索ランキング・佐賀県5位になった「佐賀弁ラジオ体操」

 昨年と比較して2020年中にグーグルで検索が増加した「急上昇ランキング」、意味を調べる時に使われる「とは」のランキング、今年の必需品となった「マスク」と一緒に検索されたランキングなどと併せて「都道府県別ランキング」を発表。都道府県名と一緒に検索された急上昇キーワードを各県5位まで公開した。調査対象期間は今年1月1日~11月22日。

[広告]

 佐賀県の検索ランキングは、1位=「台風10号」、2位=「SSP杯」、3位=「コムボックス」、4位=「佐賀支え愛宿泊キャンペーン」、5位=「佐賀弁ラジオ体操」。

 1位の「台風10号」は今年9月7日早朝、佐賀県に最接近し、瞬間最大風速41.6メートルを記録した。当日は佐賀市役所が窓口業務を終日閉鎖したほか、ショッピングモールやスーパーマーケット、コンビニエンスストアの多くが午前中、もしくは終日臨時休業。JRや高速バス、航空便もほとんどが運休した。多くの人が県内の避難所情報や被害状況などを検索したと考えられる。

 2位の「SSP杯」は、新型コロナウイルスの影響で中止になった佐賀県高校総体、全国高校野球選手権佐賀大会に代わり県が独自に開催した「佐賀県高等学校スポーツ大会」。「SSP」は、トップアスリートの育成やスポーツの裾野拡大を目指し県が推進する「SAGAスポーツピラミッド構想(SSP構想)」から取った。大会の多くが無観客で開催され、佐賀新聞やサガテレビなどがオンライン配信した。

 3位の「コムボックス」は、佐賀駅南口に今年6月にオープンした商業施設「コムボックス佐賀駅前」。農産物直売所とスーパーマーケットの一体型店舗「JAファーマーズAコープ街かど畑店」や観光・県産品案内拠点「SAGA MADO(サガマド)」がオープンし、「NBCラジオ佐賀」が旧本社から移転した。2018(平成30)年3月に閉店した西友佐賀店に代わる新たな施設として多く検索されたと考えられる。

 4位の「佐賀支え愛宿泊キャンペーン」は、佐賀県が県民と九州域内の人を対象に、県内の宿泊料金の割引などを行ったもの。キャンペーンサイトへのアクセスで検索が多かったと思われる。5位の「佐賀弁ラジオ体操」は、佐賀市が2017(平成29)年3月に制作した「ご当地ラジオ体操」の佐賀弁バージョン。新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛が呼び掛けられ、巣ごもり生活となる人が多かった今年4月以降、ユーチューブの再生回数が急増したという。