3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

佐賀のデザイン事務所が「アマビエ」缶バッジ&キーホルダー 同期デザイナーと製作

「アマビエ」をモチーフに製作した「疫病退散主張」キーホルダー

「アマビエ」をモチーフに製作した「疫病退散主張」キーホルダー

  • 44

  •  

 「HANAデザイン事務所」(佐賀市嘉瀬町扇町)が5月20日、疫病退散の願いを込め、「アマビエ」をモチーフに製作した「疫病退散主張」缶バッジとキーホルダーの販売を始めた。

「アマビエ」をモチーフに3種類デザインした「疫病退散主張」缶バッジ

 地元企業のチラシや名刺の製作、佐賀弁をあしらった缶バッジやタオルなどの商品企画を手掛ける同社。新型コロナウイルス感染拡大で咳(せき)やくしゃみで誤解を招かないようにと、花粉症の人のために「花粉症主張缶バッジ」、ぜんそく持ちの人のために「ぜんそく主張缶バッジ」も製作した。社長の北島久美子さんによると、都道府県をまたぐ移動自粛の呼び掛けを受け4月末に製作した「在住主張ステッカー」は、これまでに約3000枚の注文があったという。

[広告]

 北島さんが「疫病退散主張」商品を作ることを決めたきっかけは、北島さんの会社員時代の同期で、「在住主張ステッカー」の製作に協力した「エフケーアイグラフィック」(兵庫南4)の福井慰人(やすひと)さんから提案を受けたこと。テレビなどで「アマビエチャレンジ」が話題になっていること見て、福井さんが合計3種類の「アマビエ」をデザイン。北島さんの会社でステッカーにし、5月初旬から販売を始めた。「かわいい」と複数購入した人もいたことから、同じデザインの缶バッジとキーホルダーを製作した。サイズは缶バッジ・キーホルダーともに、大=直径57ミリ、小=直径39ミリ。

 北島さんは「いつも製作に協力してもらっている同期との協力でかわいい商品ができた。佐賀では緊急事態宣言が解除されたが、新型コロナウイルスに向き合い続けることは変わらないと思うので、『花粉症主張缶バッジ』と同様の利益度外視応援価格で、少しでも楽しく乗り越えられれば」と話す。

 価格は250円(送料込み)。同店と楽天市場・Yahoo!ショッピング内の自社ページなどで販売する。

ピックアップ

Stay at Home