3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

「佐賀城下ひなまつり」会場に「マイメロディ」ひな 「SNS映え」、女性来場客の人気集める

「マイメロディ」と「クロミ」などキャラクターひな人形パネルの段飾り

「マイメロディ」と「クロミ」などキャラクターひな人形パネルの段飾り

  •  
  •  

 「第20回佐賀城下ひなまつり」観光大使の「マイメロディ」のひな飾りが現在、佐賀市歴史民俗館「旧古賀銀行」(佐賀市柳町)で展示されている。

日本人形店「吉徳」が1999(平成11)年に製作した段飾り「はろうきてい雛」

 同館では2月11日から、サンリオ(東京都品川区)のキャラクターで今年誕生45周年を迎えた「マイメロディ」とのコラボ企画を行っている。会場には、ゴマ殻の断面と七曜を組み合わせた鍋島家の柄「鍋島小紋」の衣装を着た「マイメロディ」と、佐賀錦の衣装を着た「クロミ」などのキャラクターひな人形パネルの段飾りや、フォトスポット、「マイメロディ」の変遷を紹介するパネル、1970年代に販売された初代「マイメロディ」グッズ、日本人形店「吉徳」(東京都台東区)が1999(平成11)年に製作した段飾り「はろうきてい雛」などを展示している。

[広告]

 同館以外では会場間の移動も「マイメロディ」で楽しんでもらおうと、松原神社から佐賀バルーンミュージアムまでの松原川沿いに「マイメロディ」オリジナルフラッグを23本立て、期間中の土曜・日曜・祝日に運行する「周遊バス」の一部に「マイメロディ」特別内装を施した。3月1日からは、レストラン&カフェ 浪漫座(柳町)、「こねくりや」(同)、「HARU(ハル)カフェ」(松原2)、「days kitchen(デイズ・キッチン)」(城内2)、「さがレトロ館」(城内2)利用客を対象に、店ごとに違うデザインの「マイメロディオリジナルコースター」プレゼント企画も行っている。

 佐賀市観光振興課の伊東あゆみさんは「昨年の『シルバニアファミリー』とのコラボに続き、若い人にも楽しんでもらえる企画になった。特に今年はインスタグラムなどSNSにアップするため訪れる若い女性が多い」と話す。

 開催時間は10時~17時。入場料は、佐賀市歴史民俗館券=400円、徴古館との共通券=600円、小学生以下無料。3月22日まで。

Stay at Home