見る・遊ぶ

JR九州「或る列車」、3月からの新コース販売へ 佐賀駅出発定期コースも

JR佐賀駅に停車する「或る列車」(2018年3月21日撮影)

JR佐賀駅に停車する「或る列車」(2018年3月21日撮影)

  •  
  •  

 JR九州が12月23日、観光列車「JR KYUSHU SWEET TRAIN『或る列車』」の2020年3月~6月の運行コースとして、佐賀駅出発を含む新たな定期コースを発表した。

「或る列車」、2020年3月から運行する「ハウステンボス~博多コース」「佐賀~長崎~佐世保コース」

 2015(平成27)年8月に運行開始し、これまで主に、大分駅~日田駅間の「大分コース」と、佐世保駅~長崎駅間の「長崎コース」を運行、特別企画の一つとして、佐世保駅から佐賀駅を経由し、唐津駅を運行する「佐賀コース」を数回運行したことがある。

[広告]

 今回、初めて運行する「ハウステンボス~博多コース」は、3月14日~5月6日のうち金曜・土曜・日曜・祝日を中心に30日間運行。午前便がハウステンボス駅を11時05分ごろ出発、佐賀駅を経由して、博多駅に13時57分ごろ到着。午後便が博多駅を14時58分ごろ出発、佐賀駅を経由し、ハウステンボス駅に18時00分ごろ到着する。

 同じく初めて運行する「佐賀~長崎~佐世保コース」は5月15日~6月29日のうち金曜・土曜・日曜を中心に23日間運行する。午前便が佐賀駅を10時10分ごろ出発、長崎本線を経由し、長崎駅に13時11分ごろ到着。午後便が、長崎駅を16時29分ごろ出発、大村線を経由し、佐世保駅に18時45分ごろ到着する。JR九州と、主な旅行会社がスイーツコースとフリードリンクをセットにした旅行商品として販売する。

 旅行代金は1人2万6,000円~。JR九州が企画する旅行商品は12月24日に販売を始める。