食べる

佐賀・中央本町にカフェ&バー 海辺をイメージしたスポーティーな空間に

「Cafe&Bar ハッピースペース」店主の龍浩太郎さん

「Cafe&Bar ハッピースペース」店主の龍浩太郎さん

  •  
  •  

 「Cafe&Bar ハッピースペース」(佐賀市中央本町)が7月29日、佐賀市中心街の「大幸ビル」2階にオープンした。

海辺のカフェバーをイメージした店内

 近くのダイニングバー「RAKUGEN(ラクゲン)」(同)で約4年、バーテンダーを務めていた龍浩太郎さんが独立して開店した。今年2月、ビルのオーナーが飲食店の出店者を探していることを知り、名乗り出たという。龍さんは「この1年で『自分の店を持ちたい』と考えるようになっていたので、出店の話がきたときにチャンスだと思った」と振り返る。

[広告]

 席数は、カウンター5席、テーブル2卓8席。龍さんは学生時代にサッカーをしていたことから「爽やかでスポーティーな」バーを目指し、スポーツの話題で盛り上がれるよう、スポーツ観戦ができるテレビモニターを4台設置した。趣味のサーフィンから、海辺をイメージした内装を施し、同級生の画家に依頼した青い海を描いた絵画を掲げている。

 メニューは、60種以上のカクテル(600円~)、ウイスキー(850円~)、スパークリングワイン(4,500円~)など。2時間飲み放題コース(おつまみ付き、男性=3,000円、女性=2,000円)も用意する。クラブDJイベントにも対応し、2次会やパーティーでの利用を想定する。

 龍さんは「お世話になった『RAKUGEN』での経験を生かしつつ、自分の個性が光る店舗にしていきたい。店名には『誰もがハッピーになれる場所』という思いを込めた。落ち着いた雰囲気の中で盛り上がってもらえれば」と話す。

 営業時間は21時~翌5時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加

佐賀経済新聞VOTE

「ゾンビランドサガ」のアイドルグループ「フランシュシュ」の7人、あなたは誰を選ぶ?