食べる

佐賀・まるいち「いちごさんもっちりどら」、期間限定で再販へ 好評受けテレビ番組で命名も

菓心 まるいちの「いちごさんもっちりどら」

菓心 まるいちの「いちごさんもっちりどら」

  •  

 菓子店「菓心 まるいち」(佐賀市鍋島町鍋島、TEL 0952-33-3901)が1月15日から、「いちごさんもっちりどら」を期間限定で再販売している。

情報番組「バリはやッ!ZIP!」が「いちごさんちのもちこさん」と命名したというお知らせも

 佐賀産もち米と地元のうす挽き小麦粉を使い焼き上げた皮に生クリーム、佐賀県と県のJAが昨年11月に販売を始めたイチゴの新品種「いちごさん」を丸ごと一粒入れた商品。市丸均社長によると、甘みと酸味に特徴ある「いちごさん」に協力したいと、同店で販売していた「もっちりどら」の生クリームにマッチした「いちごさんもっちりどら」が完成、昨年12月14日から25日の期間限定で販売し好評を得た。

[広告]

 販売後に再販の要望が多くある中で、FBS福岡放送の情報番組「バリはやッ!ZIP!」から1月15日の「いちごの日」の話題としての取材依頼をきっかけに、期間限定での再販を決めた。番組の中でリポーターの川崎優さんから、同商品に「いちごさんちのもちこさん」と命名してもらったという。放送を見たという客が早速店を訪れ、「いちごさんちのもちこさん」と指名し商品を買い求めていた。

 市丸社長は「今年年明けから販売する『いちごさん大福』は『いちごさん』のLサイズを使っているが、『もっちりどら』は3Lサイズを使い『いちごさん』の良さを味わえる。今後も要望に応じて再販の検討や、『いちごさん大福』の大きいサイズの開発も考えたい」と話す。

 価格は1個300円(税別)。1月20日まで。

佐賀経済新聞VOTE

佐賀県がゲームやアニメと組んだコラボ、あなたはどれが好き?