見る・遊ぶ

佐賀駅南口に「アパホテル」開業へ 「佐賀ワシントンホテルプラザ」からリブランド

ホテル正面の看板が掛け変わった「アパホテル 佐賀駅南口」

ホテル正面の看板が掛け変わった「アパホテル 佐賀駅南口」

  •  

 佐賀駅南口に7月7日、「アパホテル 佐賀駅南口」(佐賀市駅前中央1、TEL 0952-25-1111)がオープンする。

リニューアルした「アパホテル 佐賀駅南口」1階フロント

 アイスクリーム「ブラックモンブラン」などのメーカー「竹下製菓」(小城市小城町池の上)の子会社「竹下コーポレーション」(同)が「ワシントンホテル」(名古屋市千種区)とフランチャイズ契約を締結し1996年、「佐賀ワシントンホテルプラザ」を開業。今年7月6日の同社との契約満了に合わせ、新たに「アパホテル」(東京都港区)と契約を結びリブランドオープンする。

[広告]

 オープンに合わせ、230室ある同ホテルの客室にオリジナルベッド「クラウドフィット」やオリジナル3Dメッシュまくら「Air Relax(エアーリラックス)」、羽毛布団(デュベ)を導入。50型大型液晶テレビや162タイトルを視聴できるVODルームシアターなど、アパホテル標準仕様へのリニューアルを進めている。

 佐賀県内の「アパホテル」は、客室数235を持つ「アパホテル 佐賀駅前中央」(佐賀市駅前中央2)に続き2棟目。アパグループ東京本社代表室の担当者は「佐賀駅北口と南口にそろった当ホテルの相乗効果を期待し、さらなる需要の取り込みを図りたい」と話す。

佐賀経済新聞VOTE

「佐賀で活動する(ローカル)タレント」あなたは誰を選ぶ?