食べる 暮らす・働く

佐賀城公園で「コーヒーフェスタ」 3回目の開催へ、地元の名物イベントに

昨年の「SAGAN COFFEE FESTA」(第2回)の様子

昨年の「SAGAN COFFEE FESTA」(第2回)の様子

  •  

 佐賀城公園の佐賀県立博物館(佐賀市城内1)屋外スペースで3月11日、「SAGAN COFFEE FESTA(さがんコーヒーフェスタ)2018」が開かれる。主催はNPO「poco a bocco(ポコ・ア・ボッコ)」。

「poco a bocco」スタッフ

 結婚、妊娠・出産、パートナーの転勤などによる環境の変化やホルモンバランスによる心身の揺らぎに不安や悩みを抱えることの多い女性を応援しようと、代表の寺野幸子さんが2014年9月に立ち上げた同NPO。フィットネスやカルチャーの講座、子育てや女性の生き方を支援するイベント、情報誌の発行などの活動を行う。2017年6月には、助産師によるケアやセラピストによる施術を提供する「産前産後ケアルーム」(水ヶ江2)を開設した。

[広告]

 多くの人にゆっくりくつろいだり活力を養ったりできる場を提供したいと、「ホッと一息、明日の元気」をテーマに2016年5月に初開催した同イベント。寺野さんは「始める前はお客さんに来てもらえるのかと不安もあった。2回目でどの店にも列ができるほどたくさんの人が来てくれた。出店者からも好評を得て、3回目開催への自信につながった」と話す。

 今回は、「こだわりのコーヒー」を提供する県内外のコーヒーショップやカフェ19店舗が出店する。同団体のブースでコイン(5枚=1,000円)を購入し、各店でコイン1枚につき1~2杯のミニサイズカップコーヒーと引き換える。

 食事やスイーツ、コーヒーにまつわるグッズを販売する30店舗も出店。コーヒーメジャースプーンを作るワークショップ、青年海外協力隊JICA九州による「エチオピアのコーヒーセレモニー」、ヨガインストラクターによる「空の下でゆるヨガ」も行う。「あなたのコーヒータイムに寄り添う音楽」をテーマに8組のバンドやミュージシャンが出演するライブ「Music cafe familiar(ミュージック・カフェ・ファミリア)」を同時開催する。

 寺野さんは「たくさんの人に楽しんでもらいたいと、スタッフ一同わくわくしながら準備をしている。当日は大人も子どもも遊びに来てのんびりと過ごしてほしい。今後も継続し、佐賀の名物イベントとして親しまれる存在に育てていけたら」と話す。

 開催時間は10時~16時30分。入場無料。

佐賀経済新聞VOTE

「佐賀で活動する(ローカル)タレント」あなたは誰を選ぶ?