食べる

佐賀の「ビアフェス」に有明海「珍魚」使ったギョーザ 佐賀県と「蔓餃苑」がコラボ

「ムツゴロウ」(手前)「ワケノシンノス」(左奥)「赤貝」(右奥)のギョーザ

「ムツゴロウ」(手前)「ワケノシンノス」(左奥)「赤貝」(右奥)のギョーザ

  •  
  •  

 「656(むつごろう)広場」(佐賀市呉服元町2)で8月11日・12日、会員制ギョーザ専門店「蔓餃苑(まんぎょえん)」(東京都杉並区)店主のパラダイス山元さんが有明海の「珍魚」を使ったギョーザを販売した。

「珍魚」使ったギョーザをPRするパラダイス山元さん

 両日、クラフトビールイベント「ビアフェス」が行われた会場では、佐賀県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」と同店がコラボ企画として「珍魚苑」を期間限定出店。有明海に生息するムツゴロウなどの「珍魚」を使ったギョーザを提供した。

[広告]

 メニューは、素焼きした「ムツゴロウ」にギョーザの皮を巻いて焼き、小ガニをすりつぶした「ガンヅケ」とマヨネーズをあえたソースをトッピングしたギョーザのほか、「ワケノシンノス」「赤貝」の3種類を用意。2日間で計110食を販売し、「グロテスクな見た目に反し、クセがなく食べやすい」などと好評を博した。

  • はてなブックマークに追加