特集

【佐賀のこの人のルーツを探る!vol.1】
ご当地ヒーロー「なつレンジャー」が愛した昭和のヒーローを振り返る

  •  


「熱風!SG戦士なつレンジャー」は、「飛翔!SG戦士なつレンジャーサーガ」に生まれ変わった

 誰から頼まれたわけでもなく地元の平和のために奮闘する、佐賀のご当地ヒーローがいる。幼い頃から戦隊ヒーローをこよなく愛する佐賀市職員の夏秋俊男さんが2007年に誕生させた、自身が変身する「熱風!SG戦士なつレンジャー」(以下、なつレンジャー)だ。

 出演、台本制作、演出まで夏秋さん自身が手掛けるショーを地元保育園やイベントなどで披露するなど活動を続け、10周年を迎えた2017年には、さらにパワーアップした「飛翔!SG戦士なつレンジャーサーガ」として生まれ変わった。

 今回は、ますます今後の活躍が期待される「なつレンジャー」こと夏秋さんのヒーロー愛遍歴に迫る。


「なつレンジャー」こと、夏秋俊男さんが所有するコレクションの数々

 1978年(昭和53年)生まれの夏秋さん。テレビ放送は「宇宙刑事ギャバン」(1982~1983年放送)をリアルタイムで、「ウルトラマン」(1966~1967年放送)や「仮面ライダー」(1971年~放送)を再放送で見ていた世代だ。夏秋さんにとって最も古い記憶にあるヒーローとの接点は、小さな頃に持っていた「サンバルカン」(1981~1982年放送)のブルー「バルシャーク」人形だったという。

 1986年(昭和61年)、夏秋さんが小学2年になった頃、漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」が発行部数を伸ばしており、周りは「ドラゴンボール」「キン肉マン」「北斗の拳」など漫画のヒーローに夢中になっていた中、夏秋さんが親にねだってまで手に入れたのは、「電撃戦隊チェンジマン」(1985~1986年放送)シリーズの「チェンジロボ」。学校の文集に「将来の夢は『チェンジマン』になること」と書き、「親からは『もっと現実的なことを書いたらいいのに』と突っ込まれたが、当時、私は本気でなれると思っていた」と、夏秋さんは今も少年のようなまなざしで語る。


ヒーローを夢見た少年は、今や自らが子どもたちに夢を届ける存在に。夏秋さんのあゆみを物語るグッズたち

 時は経ち、昭和から平成へ変わる1990年代。夏秋さんは小学校高学年から中学生になり、ヒーローの魅力を更に追求していく。ビジュアルやアクションのかっこ良さだけでなく、放送でのストーリー展開や人間模様などにも奥深さを感じていくようになってきたという。

 平成のヒーローで一番好きだという「特捜戦隊デカレンジャー」(2004~2005年放送)について夏秋さんは「メンバーが衝突しながらも絆を深めていく過程など、登場人物同士の関わり合いに面白みを感じて見ていた」という。ほかにも改めて振り返ると、「超新星フラッシュマン」(1986~1987年放送)のシリアスなストーリー展開に魅了されたことや、「レスキューポリスシリーズ」(1990~1993年放送)の定番、ヘルメットを脱ぐシーンを友人とよく真似していたことなど、思い出のエピソードは尽きない。

 夏秋さんが数え切れないほど出会ってきたヒーローの中でも、現在の「なつレンジャー」の誕生に最も大きな影響を与えたのは、やはり「秘密戦隊ゴレンジャー」(1975年~1977年放送)だという。テーマカラーの「赤」は「ヒーローといえばレッドという普遍性」の象徴であるだけでなく、「ゴレンジャー」で初代「アカレンジャー」を演じた佐賀市出身の誠直也さんへのリスペクトも込めているという。「憧れ」「情熱」……さまざまな思いがこの「赤」に詰まっている。


「なつレンジャー」の誕生に大きな影響を与えた「アカレンジャー」フィギュアと、「デカレンジャーロボ」を今も大切にする夏秋さん

 ヒーローの歴史と共に歩んできた夏秋さん。「歴代のスーパー戦隊の名前は全部言えるし、オープニング曲、エンディング曲ももちろん全部歌える。録画してきたVHSテープもずっと保管している」という。特撮物の裏話にもかなり詳しいらしい。


生誕10周年記念イベントで、駆け付けたヒーロー仲間たちと(2017年11月)

 「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」に訪れた海外パイロットのために、既製品のヒーロースーツを着て「勝手に」ショーを行ったことから、「なつレンジャー」の活動につながり、ご当地ヒーロー活動を続けてきた夏秋さん。「小さい頃から部活動やバンド活動などやってきたが、『ヒーロー』から離れたことは一度もなかった。『なつレンジャー』の活動は、ストーリーに沿って展開するテレビ番組と違い『最終回』がない」。夏秋さんは「バンド活動の経験を生かし、主題歌を作りたい」と次の目標もかかげる。

 幼い頃から変わらずヒーローを愛し、「ヒーローになりたい」という思いを持ち続け、今や地元を盛り上げる存在として活躍する佐賀のご当地ヒーロー「なつレンジャー」。佐賀市などで開催される祭りやイベント会場で会うことができる。

【関連記事・ページ】
佐賀でご当地ヒーロー「なつレンジャー」生誕10周年記念イベント ヒーロー仲間も駆け付け
(2017年11月30日配信記事)
「なつレンジャー」- twitter

佐賀経済新聞VOTE

「佐賀で活動する(ローカル)タレント」あなたは誰を選ぶ?