暮らす・働く

佐賀の中心市街で第2回「まちゼミ」 各店舗の個性生かした26講座

第2回「佐賀まちゼミ」講師陣

第2回「佐賀まちゼミ」講師陣

  •  

 佐賀市中心街で1月22日から、「得する街のゼミナール『佐賀まちゼミ』」が開かれる。

第1回「まちゼミ」講座の様子

 各店舗のファンづくりと街の活性化推進を目的に、商店主などが講師を務め、プロならではの専門知識や技法を無料で教える少人数制の講座「まちゼミ」。2003年に愛知県岡崎市で始まって以来、全国300以上の地域で実施されているという。佐賀市中心街では、2017年1月に初めて開催。事務局を担当する「まちづくり機構ユマニテさが」(佐賀市白山2)によると、95%の受講者が「満足」と回答するなど好評を得たという。

[広告]

 第2回開催にあたり、昨年10月~12月に「岡崎まちゼミの会」代表の松井洋一郎さんを招いた全3回の参加店説明会を行い、講座の作り方や広報の仕方、当日の運営方法や注意点などを伝えた。

 今回は18店舗が参加。「食べる」「学ぶ」「健康」「きれい」「作る」のテーマに分けた、60分~90分程度の26講座を開く。三味線体験、洋服のコーディネート術、初めての社交ダンス、ネットマーケティング講座、足と靴の悩み相談、ダイコンのしょうゆ漬け作り、おいしい日本酒の飲み方など各店舗の個性とこだわりを生かした講座をそろえる。9店舗の初参加も。

 事務局の庄野雄輔さんは「店主とのコミュニケーションを楽しみながら専門知識や人となりに触れられるのは『まちゼミ』ならでは。ぜひたくさんの方に受講してもらい、各店舗や中心市街地との接点を持つきっかけにしてもらえたら」と話す。

 受講無料(一部講座は要材料費別途)。申し込みは1月16日から、会場となる各店舗で受け付ける。2月21日まで。

佐賀経済新聞VOTE

「佐賀のご当地キャラ(ゆるキャラ)」あなたは誰を選ぶ?