食べる

佐賀にあんこスイーツ専門店 地元在住デザイナー、「あんこ好き」が高じ出店

「よなよな」店主の岡垣貴憲さん

「よなよな」店主の岡垣貴憲さん

  •  
  •  

 佐賀市の佐賀大学本庄キャンパス近くにあんこスイーツ専門店「よなよな」(佐賀市赤松町)がオープンして3か月がたった。

「夜のあんこ屋 よなよな」外観

 佐賀市在住のグラフィックデザイナー・岡垣貴憲さんが本業の傍ら夜間営業のみの業態で店主を務める同店。

[広告]

 岡垣さんによると、学生時代から通い続けているというちゃんぽん専門店「池田屋」が今年3月に移転リニューアルした際に同店の印刷業務を請け負ったことをきっかけに、移転後の空き店舗を借り受けたという。

 「竿ようかんを丸ごとかじりながら仕事する姿をほかの社員に見られ驚かれたことがあるほど、あんこが好き」と話す岡垣さんは昨年10月、デザイナー仲間と共に「佐賀あんこ部」を結成。「今日のあんこ」ブログを立ち上げ、10月から192日間にわたり、県内の和菓子店やスーパー、コンビニの「あんこスイーツ」を実食、紹介してきた。

 「池田屋」店主の池田信宏さんから「店で何かやってみないか」との提案を受け、岡垣さんは自身の「あんこ好き」を生かした店を開くアイデアを思いついたという。岡垣さんは、これまで食べる専門だったというあんこスイーツの研究を重ね、本業を終えた後にさまざまな試作品を試みたという。開発した商品は、「池田屋」でテスト販売するなどして準備を重ね6月17日、あんこスイーツ専門店のオープンにこぎ着けた。

 ラインアップは、「あったか白玉ぜんざい」「冷やし白玉ぜんざい」(以上、550円)、「あんこヨーグルトパフェ」(650円)、「マンゴープリンピーチ&あんこパフェ」(800円)、「嬉野抹茶&あんこ」(550円)、「チーズインあんトースト」(380円)、「ジャガバター&あんこ」(320円)など。ドリンクメニューは、「あんこカフェラテ」(420円)、「あんこオーレ」(320円)などをそろえる。今後も随時新商品を増やしていく予定という。

 岡垣さんは「まさか自分があんこスイーツ専門店をやるとは思ってもみなかった。静かにオープンしたので、少しづつ『あんこファン』が増えているのかなと思う。福岡や熊本などの遠方から来てくださる人もいる。『あんこ部』という大人の部活動の延長のつもりで、あんこスイーツの研究発表をゆるやかに楽しんでもらえる店にしたい」と意気込む。

 営業時間は20時~24時。店主の都合により前後することがある。

  • はてなブックマークに追加

佐賀経済新聞VOTE

「ゾンビランドサガ」のアイドルグループ「フランシュシュ」の7人、あなたは誰を選ぶ?