新型コロナ関連佐賀市、27日の新規陽性患者3人

食べる

佐賀大前に焼きたて食パン専門店「一本堂」 営業職から独立、中・高過ごした佐賀で開業

焼きたて食パン専門店「一本堂 佐賀大学前店」の大学生スタッフ

焼きたて食パン専門店「一本堂 佐賀大学前店」の大学生スタッフ

  • 27

  •  

 焼きたて食パン専門店「一本堂 佐賀大学前店」(佐賀市本庄町本庄、TEL 0952-37-8933)が9月2日、佐賀大学本庄キャンパス正門前にオープンする。

焼きたて食パン専門店「一本堂」の食パン

[広告]

 「一本堂」は、2013(平成25)年、大阪市都島区で創業。北米産や国内産の小麦などを使用した食パンを提供する。焼きたてのおいしい食パンを提供する店がもっと身近になればと主にフランチャイズで展開を広げ、現在、全国に約130店舗を構える。

 九州15店舗目・佐賀県初出店となる「佐賀大学前店」店主の山田潤さんは福岡県出身。今年3月まで営業職として勤めた商社を退職し、「一本堂」店主として独立。当初は福岡県内での出店も考えたが、中学・高校時代に住んだことがある縁で、佐賀市内への出店を決めたという。

 「一本堂」では、「プレーン系」「デザート系」「高機能食」と季節や期間限定を含む25種類の食パンラインアップがあるが、同店ではオープン当初は、「一本堂(ぷれーん)」(1斤290円)、「日本の食パン」(同390円)、生クリームアイス食パン」(同430円)、「たっぷりレーズン」(同400円)の4種類を販売する。20種類以上あるオリジナルジャムも同店でセレクトして販売する。

 山田さんは「会社員人生を卒業し、『食パン専門店店主』として、『昔から近所にあったようなパン屋さん』をコンセプトに、スタッフの多くを店の目の前にある大学の学生に入ってもらった。近くの方に気軽に来てもらい、普段使いを楽しんでもらえる店を目指し、提供する食パンのラインアップも少しずつ増やしていきたい」と話す。

 営業時間は10時~18時。火曜、第1・第3水曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース