暮らす・働く

福岡~佐賀空港高速バスに西鉄初のバーコード決済 中国人など利用客の利便性向上へ

高速バス「福岡~佐賀空港線」の運賃箱上部に設置したバーコード決済読み取り端末

高速バス「福岡~佐賀空港線」の運賃箱上部に設置したバーコード決済読み取り端末

  •  

 西日本鉄道(福岡市中央区)が運行する高速バス「福岡~佐賀空港線」の運賃支払いに2月2日、バーコード決済サービス「Alipay(アリペイ)」「WeChat Pay(ウィチャットペイ)」が導入された。

福岡から佐賀空港に到着した西鉄高速バス

 佐賀空港(佐賀市川副町犬井道)と中国・上海浦東国際空港を結ぶ「春秋航空」のフライトに合わせ、西鉄天神高速バスターミナル・キャナルシティ博多・博多バスターミナルと佐賀空港を片道約2時間で運行する同路線。これまで週3便運航していた上海便が1月24日から増便したことから1便増やし、現在週4便運行している。

[広告]

 中国人観光客の利用が多い同路線の利便性向上を図るため、高速バス・路線バスを含む同社のバスでは初めてとなるバーコード決済サービスを導入。両替を含む運賃収受業務の効率化と時間短縮を図る。バス降車時、運転士に「Alipay」「WeChat Pay」を利用したいことを伝え、支払いコードを表示したスマートフォンを運賃箱上の読み取り端末にかざして支払いする。

 バーコード決済導入初日、福岡から佐賀空港に到着したバスには中国人客など上海便利用客が降り立った。同社自動車事業本部の瀬川日加里さんによると、利用客からバーコード決済についての問い合わせが数件あったが、あらかじめ運賃分の現金を用意する客や乗車券を購入した客がほとんどで、初日の運行でバーコード決済を利用した客はいなかったという。瀬川さんは「引き続き周知を図り、利用しやすくなったことをPRしたい」と話す。

佐賀経済新聞VOTE

佐賀県がゲームやアニメと組んだコラボ、あなたはどれが好き?