食べる

佐賀市鍋島に農場直営の豚肉専門店「ファームリンク金星屋」 フードコーナーも併設

「ファームリンク金星屋」スタッフ(後列中央=永渕政信社長)

「ファームリンク金星屋」スタッフ(後列中央=永渕政信社長)

  •  
  •  

 佐賀市鍋島に3月17日、養豚農場直営の豚肉専門店「ファームリンク金星屋」(佐賀市鍋島町蠣久, TEL 0952-37-1672)がオープンした。

店舗外観

 佐賀県南西部で1970(昭和40)年から養豚業を営む「永渕ファームリンク」(藤津郡太良町大字大浦己)のオリジナルブランド「金星佐賀豚」を販売する初めての直営店。

[広告]

 豚を育てる4つのステップ「交配」「分娩(ぶんべん)」「育成」「肉豚」を一貫して行い、約1万頭の豚を育てる同農場。佐賀市内や福岡の人に、より身近に「金星佐賀豚」を知ってほしいとの思いから出店したという。

 店内は、「金星佐賀豚」販売コーナーのほか、イートインコーナーも併設する。席数は、カウンター8席、4人掛けテーブルはテラス席を含む10卓。

 メニューは、「金星佐賀豚」の肩ロース(100グラム260円)、ロース(同260円)、バラ(同260円)、モモ(同160円)、ミンチ(同110円)、生ウインナー「ブラートブルスト」(プレーン、にんにく、ブラックペッパー、レモン、ユズこしょう、それぞれ5本入り=420円)を販売する。佐賀豚を使ったフードメニューとして「えらべるホットドッグ」(プレーン、オールポーク、オニオンミュンヘナー=各450円)、ハンバーガー(プレーン=250円、チーズ=270円)、メンチカツバーガー(250円)も販売する。

 永渕政信社長は「以前から直営店を持ちたいと思っていて、ようやく念願がかなった。オープンとはいえ設備やスタッフの接客など、未完成の部分もある。屋外に十分なスペースがあるので、これからウインナー作り体験やバーベキューコーナーも用意していき、お客さまに楽しんでもらいたい」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~19時。

  • はてなブックマークに追加

佐賀経済新聞VOTE

「ゾンビランドサガ」のアイドルグループ「フランシュシュ」の7人、あなたは誰を選ぶ?