学ぶ・知る

佐賀のIT企業が高等専門学校でAI講座 人工知能の人材育成目指す

木村情報技術 木村隆夫社長(右)、有明工業高等専門学校 高橋薫校長(左)

木村情報技術 木村隆夫社長(右)、有明工業高等専門学校 高橋薫校長(左)

  •  
  •  

 「木村情報技術」(佐賀市卸本町)が2017年4月から、有明工業高等専門学校(福岡県大牟田市東萩尾町)で「人工知能・ビジネス講座」を始める。

 製薬会社や大学向けのウェブ講演会運営・配信サービスを手掛ける同社は今年4月、人工知能技術の向上を医療分野などで生かそうと、人工知能を活用した新しいアプリケーションやサービス開発を行う『AI応用開発センター』を設立。IBM社が開発した人工知能(AI)「ワトソン」を使ったシステムを開発に取り組んでいる。

[広告]

 同社では今回、人口知能活用技術者育成の場を作ろうと、自然言語処理の研究などで情報交換を行っていた有明高専に寄付講座を提案した。

 同校は来年4月、人工知能活用人材技術者育成を目的とした「AI・IoT推進グループ」を設置。木村情報技術が求めるAI技術者の能力を身につけるため、AIの「学術知識」と「ビジネススキル」をテーマに講座を展開する。

 木村隆夫社長は「有明高専の卒業生が当社で活躍していること、をテーマにする菅沼明先生とのご縁で開く講座が、九州の高専では新たな取り組みとなると思う。当社が取り組むAI事業で活躍する人材輩出にとどまらず、佐賀や筑後地区でAIに関わる人材輩出に貢献したい」と意欲を見せる。

  • はてなブックマークに追加

佐賀経済新聞VOTE

「ゾンビランドサガ」のアイドルグループ「フランシュシュ」の7人、あなたは誰を選ぶ?