食べる

佐賀に阿蘇赤牛料理専門店 「ブルックリンスタイル」テーマに

「ビーフ食堂 佐賀店」店主の山口清治さん(左)、店長の森田隆史さん(右)

「ビーフ食堂 佐賀店」店主の山口清治さん(左)、店長の森田隆史さん(右)

  •  
  •  

 佐賀市高木瀬地区の大和バイパス通り沿いに9月29日、阿蘇赤牛料理専門店「ビーフ食堂 佐賀店」(佐賀市高木瀬西5、 TEL 0952-37-1916)がオープンした。

「ロービー丼」

 店主の山口清治さんは、イタリア料理店「菜園ブッフェ ピソリーノ」運営会社のセイ・エンタープライズ(熊本市)が展開する「社内独立制度」を利用し、同社が新業態として熊本と鹿児島に展開する「ビーフ食堂」の4店舗目として、佐賀での店舗運営経験を生かしてオープンした。

[広告]

 店内は、壁面に大きく「BEEF」などの英字やヴィンテージアイテムを配置した「ブルックリンスタイル」がテーマ。席数は、カウンター席6席、4~6人掛けテーブル席3卓。メニューは阿蘇赤牛100%を使った「神のハンバーグ」(950円~2,200円)、ローストビーフを盛り付けた「ロービー丼」(950円~1,600円)。ごはん、サラダ、みそ汁、ソフトクリームがお代わり自由になるセットメニューも用意。アルコールドリンクの販売も行う。

 山口さんは「阿蘇赤牛肉の食感をハンバーグで、ローストビーフの見た目の華やかさを『ロービー丼』で、その日の気分に合わせて楽しんでほしい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~23時。

  • はてなブックマークに追加