プレスリリース

昨年デビューした佐賀県産いちご新ブランド「いちごさん」県内販売を開始!

リリース発行企業:佐賀県

情報提供:

佐賀県から昨年デビューしたいちご新ブランド「いちごさん」の2年目の本格出荷が始まりました。佐賀市の「さが風土館 季楽 直販本店」では、「いいいちご(1115)」にちなみ、本日(11月15日(金曜日))より販売が開始され、1パック1,530円(税込)で販売されました。




「いちごさん」生産者の佐賀市三瀬村の平川乙次さん(72歳)は、「昨年は、単価も収量も良くて、お客さんからの評判も良かった。今年は曇天や台風の影響も少し受けたが、これから美味しいいちごをみなさんにお届けできるよう頑張っていきたい。食べた人に美味しいと言ってもらえるような、消費者のみなさんに愛されるいちごになってほしい。」と笑顔で話しました。



県は、国内の他品種との競合や、生産者の高齢化などによって縮小傾向にある、県内のいちご生産のV字回復を図るため、佐賀県、JAグループ佐賀、生産者が一丸となって、7年の開発期間をかけ、約1万5000もの試験株の中から新品種「佐賀i9号」を開発し、昨年11月15日に「いちごさん」として市場デビューしました。



2018年産の「いちごさん」は県内で166戸の生産者、18ヘクタールの面積で栽培され、出荷量は821トンでした。佐賀での初販売は1パック1,530円、東京での初出荷は1万5,300円、大阪では15万3,000円と「いちごさん」の名前の153にかけた値段で競り落とされるなど、市場の期待を受けてデビューしました。

2年目となる2019年産は、425戸の生産者(全体738戸、57.6%)、63.6ヘクタール(全体135.5ヘクタール、46.9%)の栽培面積で、出荷量は約3,000トンを見込んでおり(JAグループ佐賀調べ)、順次、首都圏などの大都市圏に向け本格的な出荷を開始します。



いちごさんについて





2018年秋に、「さがほのか」以来20年ぶりにデビューした、佐賀県生まれの新しいいちごです。県・JA・生産者が一体となり、7年の開発期間をかけ、1万5千株から選び抜いた自信作です。

長く愛されるいちごになることを願って、呼びやすくて覚えやすい、清々しさとインパクトを合わせ持つ名前を付けました。凛とうつくしい色と形、華やかでやさしい甘さ、果汁のみずみずしさが特徴です。

  • はてなブックマークに追加